カテゴリ:山スキー( 44 )

a0196565_1943061.jpg


久しぶりに立山で山スキーを楽しんだ。

この記事の続きを読む
[PR]
a0196565_20382595.jpg


毎年恒例の薬師岳日帰り山スキー。
今回は5名で登り登頂出来たのは内4名。
今の時期のここは本当に大変です。
だからこそ締め括りとして相応しいのです。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

[PR]
a0196565_20364065.jpg


先を行くのはほりけん。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


状況が分からないとはいえ昨年より1週遅いだけなら状況はそれほど違わないだろう。
問題はモチベーションだけ。
無理せず早めにアイゼンを履いて安全第一で登ろう。

今日はDAHONのタイヤやチューブを注文。
パンクに強いとネットで評判のシュワルベマラソンとチューブは英式からフレンチに変更。
疲労軽減を期待してグリップもエルゴノミクスタイプの柔らかいものを購入。
何かと高付くが維持するには仕方がない。
[PR]
a0196565_20483084.jpg


今日もあほの一つ覚えじゃないがとにかく頑張った(笑)

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


4時30分、桂台で親父さん幹事長と固い握手を交わし自転車を押して称名を目指す。
お山は雪が一杯で滝見台手前の沢から取り付き平も山頂もご機嫌なほど雪がたっぷり。
雲が湧き、陽が差したり翳ったりと年を食った肌にはドピーカンじゃないのも幸いだった。
下山後桂台にある親父さん御用達の店でまったりジュースで喉を潤し、久しぶりにのんびりした時間をすごさせてもらい帰宅するが流杉から乗った高速が富山IC手前で渋滞。
交通事故で6km渋滞しているとことで下道で帰宅した。
二日続けての寝不足だったので眠くてたまらんところへ丁度良かったのかもしれない。
息子夫婦が母の日のプレゼントを持ってきていてなんやかやで片付けを済ますとそのまま夕食に突入。
素敵な親父さんの滑りと非の打ち所のない幹事長の滑りは後日アップということでご了承ください。
いや、とにかく凄い滑りですから、もしや山スキーのスタイルが変化するのでは?とも思わされました。
まぁとにかく見てのお楽しみです。
[PR]
a0196565_16411870.jpg


4月29日~30日、3名で雪洞準備を整えて。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


a0196565_173829.jpg

a0196565_1733253.jpg


融雪最終地点には車が9台。
通行止めの大規模林道和佐府橋よりおよそ1.5km地点で残雪により林道が封鎖されトンネルまで1時間半弱の林道歩きを強いられる。
初っ端から厳しい仕打ちだが途中から板を履けたのが幸い。
a0196565_15494172.jpg

ようやくトンネルが見えてきた。
a0196565_15503990.jpg

雪量は当然問題なくトンネル右手尾根からガンガン上がる。
シールが良く効きクトーもいらないほどだ。
a0196565_15513991.jpg


a0196565_1553275.jpg

神岡新道分岐辺りから曇り始める。
a0196565_1554254.jpg

北ノ俣、黒五の稜線はガスに包まれる。
a0196565_15562726.jpg


a0196565_15565590.jpg

他のパーティーを抜き2番手で避難小屋に到着。
先行のスプリットボードのパーティーは黒五冬期小屋まで頑張ると少し休み出発していった。
とりあえず水を掘り出しスナップエンドウを茹で一杯♪
a0196565_15571426.jpg

二人も無事到着し乾杯。
その間他パーティーが小屋の状況を尋ねてきたがテントを持ってるなら張ってほしいと頼む。
最終的にこの夜は8名の宿泊となりほぼ満杯。
ちなみに過去の記録は16名とか。
それじゃ寝れんよ。
この日は小屋の周辺には大小7,8張りのテントが立った。
a0196565_15594914.jpg


翌日は4時40分フル装備で出発。
天候が問題なければ黒五を踏んで五郎沢でビバークの予定。
早立ちかと思っていたがしんがりから3番手。
皆さん気合入ってます。
a0196565_162577.jpg


a0196565_1632268.jpg

a0196565_1641862.jpg

富山の名峰鍬崎山を見下ろす。
a0196565_165242.jpg

大日岳がガスに薄っすらと確認できる。
a0196565_166127.jpg

バックに有峰湖。
a0196565_1672039.jpg

稜線は暴風が吹き荒れ好天の兆しは見えない。
太郎平小屋へはいることも考えたが明日回復する保証もなくきっぱり下山とすることとした。
a0196565_16414812.jpg

下りは軽くパックされたこの時期としては極めて異例上質の新雪を頂く。
ロングターンを大斜面に刻み込んだ。
【写真はありません】
雪質ばっちり雪量豊富で帰りは早い。
a0196565_1610491.jpg

a0196565_16105065.jpg

帰りはふきのとうを摘みながらのんびり下山。
山之村道の駅に寄り山之村定食を頂き、栃の実クッキー、椎茸を土産に。
時間も早いし連休中日、久しぶりに割石温泉でゆっくりして帰着した。
フル装備一泊で山頂までピストン出来たことに大満足の山行となった。
a0196565_1622227.jpg

[PR]
a0196565_193426.jpg


富山県人まらやはりここでしょう。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


室堂までは順調に
浄土から美女平まですきっと締めるつもりだったが
K君滑落し断念
それでも春を満喫しながら
立山杉の巨木に触れながら
美女平までリトルアドベンチャーを楽しんだ

a0196565_19103634.jpg

天狗平山荘と剣岳

a0196565_1910583.jpg

下ノ子平から鍬崎山

a0196565_19111353.jpg

[PR]
a0196565_642385.jpg


出発時はモノトーンの世界も・・・

PHOTO:滝谷、北穂ドーム
にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


More
[PR]
【転載】

~元気出して!汗かいて!東日本に勇気を届けようカップ~ のお知らせ

 地元有志を中心に開催する運びとなりました。

こんな時こそ元気出して、純粋にスキーを楽しんで、いい汗書いて、東日本に元気を届けましょう!

 という事で、以下開催要項です。期日が迫っておりますが、ご賛同いただける皆さんのご参加お待ちしております。なお、要項にはございませんが、沢山の企業様にもご賛同、ご協力いただいております。追ってご紹介させていただきます。

~元気出して!汗かいて!東日本に勇気を届けようカップ~



■期日 2011年4月9日(土)、10(日) 主催:山スキーを愛する有志

■会場 栂池高原スキー場およびその周辺 

■日程 4月9日(土)

午後12:00~ 受付 栂池高原の宿「ひらた」

   13:00~ 山岳スキークリニック&山スキー体験会、試乗会

   講師:山田誠司、藤川健(予定)、他

 日本のトップスキーヤーを迎え、最新の山スキー、レースのテクニックを学ぶチャンスです。山スキー愛好家の方から、これからレースに参加してみたいという方、この機会に山スキーを体験してみたい方、いい汗かいて美味しいお酒を飲みたい方まで、お気軽に参加下さい。初心者も大歓迎。

山スキーのレンタルも用意致します(レンタル代一日1000円、全額被災地に寄付致します)。

   20:00~ ブリーフィング&懇親会&チャリティーオークション 場所:栂池高原ひらた

 翌日のミニレースの説明と懇親会。協賛頂いた山スキー用品等を参加者でチャリティーオークションを行い、落札金額の全額を日本山岳協会を通じて被災地へ義援金として寄付致します。

 懇親会は各自、飲食物持参でお願い致します。

    4月10日(日)

    午前中 ミニレース 栂池高原スキー場・栂の森ゲレンデ周辺(予定)を使用。

個人戦(30分程度のコース)と参加者全員での三人一組のリレー戦(一人10分程度×3人)を行います。チームについては前日のブリーフィング時に抽選で決めたいと思います。

用具は山スキーまたはテレマークスキー、シール持参。その他の装備は基本的には正規のルールに近い形で行いたいと思いますが、コースや参加人数等によりローカルルールで行いたいと思います。装備のある方はひととおり持参下さい。無い方はあるもので結構です。不明な点は事務局(080-1061-1701平田)までお問い合わせ下さい。

■申し込み、問い合わせ先

氏名、住所、連絡先電話番号、メールアドレスをお知らせ下さい。レンタル希望の方はその旨お知らせ下さい。メール shinya@t-hirata.com 電話 080-1061-1701 FAX 0261-83-2508

いずれも事務局 平田まで

 申し込み締め切り 4月4日(月)

■参加費 2000円(当日受付時に徴収) ゴンドラ料金別途(1日2200円)

皆様から頂きました参加費は全額、日本山岳協会を通じて被災地へ義援金として寄付致します。



 参加者皆で作り上げる大会になります。雪の状況、お天気等により急遽内容の変更もございますので予めご了承下さい。また各自傷害保険等への加入をよろしくお願いします。宿泊ご希望の方は事務局にご相談下さい。参加者全員にもれなく参加賞も用意しています。何分至らない点等があるかと思いますが、趣旨をご理解の上、ご参加ぜひお待ちしております。
[PR]
a0196565_13195875.jpg


こんな低山なのに良い雪・・・
にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

More
[PR]
a0196565_2233332.jpg



雪質は良かったが・・・
にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

More
[PR]