猿ヶ山ムービー&金剛堂山山スキー&ムービー



猿ヶ山ムービー



今朝4時半に起きて空を見ると星が出ている。
幹事長さまが行くらしいし、わしも行かねばならんだろと、あたふたと準備。
半日勝負なので戸棚にあったバナナと冷蔵庫のコロッケ、りんご半分をザックに詰める。
飲み水は水道水1リッター。

ゲート開放が6時なので慌てることはない。
イチコロ線をゆっくり南下し砺波のマックで朝食を買う。
小牧ゲート前5時55分到着。
飯を食ってると作業の方が6時に1分前に開けてくださる。

スキー場駐車場には幹事長の車と他に数台。
2名が準備して出発するのを追うように出発するがルートがおかしい。
我が道を行くで、いつもどおり竜口谷沿から尾根にアプローチ。
最初の急斜面が凍っていたためクトーを装着。
面倒なのでそのまま山頂までクトーで登る。
片折岳付近で金沢から来られた方と一緒になり山頂へ。
途中幹事長が見えて手を振ったが反応なし。

山頂到着。
360度の大パノラマ。
無人カメラがセットされ中金剛側へ下ったところで幹事長が滑走準備中。
りんごをかじりながら景色を愛でる。
それにしても良い天気だこと。
槍ヶ岳も御岳も全部丸見え360度の展望だ。
この山に来ると結構あることだが今日は思いがけない晴れ間に当たったようだ。

寒気が入るとのことで山頂は風が強く幹事長を待っている間に手の感覚がなくなるほどだ。
金沢の方は中金剛へ向かわれた。
わしは幹事長に会って握手し下山することにした。
幹事長はまだまだ滑るそうなのでお先に失礼することに。
登っている最中はスキー場への尾根を縦走するつもりだったが案外と新雪が深く登り返しも面倒そうだったので今回はパス。
今年は雪も豊富だし縦走はザラメの時期にとっておこう。

さてお楽しみの滑走は所々新雪が薄いところはアイスバーンがガリガリだったが概ね柔らかなパウダーでグッドコンディション。
下っていく最中も何名もの方が登ってきて挨拶を交わす。
片折はシールえを貼るのが面倒だったのでつぼで登り返すが沈むことは無かった。
片折からはブナ林を縫いながらの滑走が楽しい。
ブナの原生林を少し下ったところでチョコレート色の顔に満面の笑みのさぶちゃんに遭遇。
彼女と和気藹々登山だそうだ。
せっかくなのでザックに忍ばせてあったラムレーズンチョコを差し上げた。
少し立ち話を楽しんで再び滑走開始。
谷へ入ると雪は深く柔らかでコントロールしやすいベストコンディション。
夏道から分かれても雪は腐ることなく快適に竜口谷へ。

早く行動したので帰っても12時前。
片付けて写真整理して昼過ぎから味噌焼き豆腐(国八風)で一杯やって昼寝。
ぐらぐらのんべんだらりの四連休が終わってしまった。
4月から毎日これかもしれんが(笑)

金剛堂山ムービー


竜口谷出発 6時45分
山頂到着  9時6分
山頂出発  9時35分
竜口谷到着 10時11分
行動時間 3時間26分
単純標高差 890m
沿面距離 9.3km

トラック
a0196565_17201175.jpg

[PR]