大日岳周回山スキー記録ムービー



2012年3月3日、自宅を出るときは雨模様だったが



5時ジャスト、藤橋ゲート到着。
やまお君はすでに車中で待機していた模様。
準備を整えて板を担ぐ。
さて、参りましょうか。
今日は本気で大日岳を狙って、いや、さらに牛首雪渓の滑降を目論んでいた。
薄々感じていたやまお君と息子も黙々と高度を稼ぐ。
正午過ぎ予定通り山頂到着。
申し分ない展望と雪質に気持ちが高揚しまくる。
将来ある若者二人に道を託す。
この時期の牛首の状況が分からないことを承知で周回したいという息子とやまお君。
わしは死んでもいいからどっちでもいいよというと勿論結論は聞くまでもなく牛首で決定。
山頂から雲海にドロップするまではまさかこんなことになろうとは予測できない事態が待ち受けていた。

山頂から滑り出して間もなく、標高2250mでホワイトアウト。
その後、大日平から称名までオールホワイトアウトの中で雪酔いに苦しめられて厳しいルートファインディングが続く。
途中尾根を一本間違え登り返す。
ようやく辿りついた牛首は雪凌が切り立ちきのこ雪とクレバスが口を開ける危険極まり無い状態。
一旦沢床に降り立ちザクロ谷への下降を試みるが滝が氷結し切り立っていて無理。
再び稜線に戻り下降を試みる。
アッ!という声に見ると息子がクレバスに落下。
かろうじてふちに掴まっている。
直ぐに駆けつけ引っ張り上げようとしたが思ったより底が浅いので板を脱ぎ這い上がった。
またクレバスに飲まれるかしれないが板を担ぎ樹木に掴まりながらの際どい下降が続く。

牛首のコルに着けばこちらのものだと思ったが甘かった。
雪渓は真っ白ホワイトアウト。
どこまでも続くもなか雪とデブリ、氷に新雪が被る非常に難儀な状況。
称名まで続く厳しい試練(と言えばカッコ良いかな?)に耐えて称名道路に降り立った。
称名道路は雪崩で雪渓状態となっているが滑るには問題ない。
スノーシェッドでは板を担いで、桂台からは道路脇の雪壁の上を滑り降りた。

残照が西の空に微かに明るさを留めた藤橋ゲートに帰り着き固く握手を交わす。
握った手は熱い男の掌だった。
山スキーは魔法の翼、そしてリトルアドベンチャーゲーム。
軽量化された装備でスピーディーに駆け抜けるイメージだが今回はクライミングの要素も加わって少々厳しい山行となった。
次回からの糧になればよいが、とかく良い経験と言われるものは繰り返される間違いの種である。
あの時抜けられたから今回も。
結局行き着くところはそういうものだが命有れば儲けもん。
冒険に危険はつき物だから。

沿面距離:26km
単純標高差:2100m
所要時間:12時間50分

カシミール3Dによるトラック
a0196565_12252638.jpg

カシバードで鳥瞰
a0196565_12263120.jpg

[PR]