楽しいテレマーク

a0196565_2140179.jpg


なんちゃってテレテレ講座w



「テレマークはこけるから面白い。」これはかの有名なやまやまお氏の言葉である。
「そんな変なスキーおりゃやりたないわ。」猛犬使いのミイラマンことタイヤマン氏の言葉である。

飛躍的に簡単になったテレマークスキーだが細板、革靴で山を滑るには道具もさながら技術的に難しい面が多い。上手く滑るコツと言うか大切なのは利き足、軸足、体幹を知ることだろう。
一般に軸足を中心に曲がるのは簡単だが、利き足を軸にするとあら大変曲がらないじゃない。理由はフォローすべき利き足が下がりすぎていることがある。利き足は運動するのは上手だが体を支えるのが苦手なのだ。利き足にきちっと体重が乗るようになればリードすべき軸足も動きやすくなる。上達の一歩である。ちなみにピステンされたスキー場では滑れるのに山では滑れない理由の多くがこれだと思う。
あと、よく言われるのが体幹。前後左右ふらふらの細板革靴では体が簡単に動いてしまう。安定させようとするなら腹筋と背筋を主とした体幹でサポートするしかないと思われるが、あえてふらふらさせてやればその必要は無い。止めようとするからツライのだ。倒れそうな方向へ板を回してあげれば、ほら上手く行った。
斜滑降で山足はフォールラインに鋭角に向き、内側エッジでスピードをコントロール。谷足はフォールラインに鈍角というかほぼ90度のポジションを意識したハの字ポジションを保持する。山足の方がフォールラインに鋭角であることに注目。ターン前半ではターン軸足をより山側へ切れ上げスピードを落とし、山足をフォールラインに落としこみながら倒れない程度に力を抜いてハの字形を意識し体重を乗せ替える。無理に曲げようとせずフォールラインに落としてやってから得意の軸足ターンでスピードを抑えてやるのがコツだろう。
コケてなんぼ、楽しければすべてOKなのがテレマーク。初心者のうちはせいぜい転んで腹筋でも鍛えてやろうじゃないですか。
[PR]
by arzarez | 2012-02-13 21:47 | 山道具