御母衣ダム右岸1578m


高画質youtube直リンクはこちら

久しぶりのテレターンに一人大興奮(笑)
本日の道具立てでございます。
・ブーツ:SCARPA-T4
・板:Fischer Sbound88 Length 179cm
・ビンディング:Voile Hardwire 3-Pin




五ヶ山トンネルを抜けると前が見えないほどの激しい降雪は、集合場所の白川郷道の駅に到着しても弱まることはなかった。
南下すればなんとかなるさと予定通り1578mの取り付きを目指す。
ナビに頼りつつ平瀬で左折し庄川を渡りそれらしき場所を探すがハッキリしない。
GPSを取り出すとなにやらおかしな場所を指している。
北へ南へ右往左往じゃないが行ったり来たり。
しまいに白弓スキー場で準備を整え出発しようという段になってようやく大きな間違いに気付く。
再び車を転がして南下、ようやく取り付きを見つけ出発したのは8時を回っていた。

単純なルートなので時間的には問題ないさとのんびりムードの6人衆。
気付いたらこんな日に?先行のトレースがある。
来週のトレーニング(チーム厳冬期黒五)も兼ねているのでトレースを外しラッセル。
地形図とコンパスで目標を定めながらの進行は時間が掛かることを体で覚える。
谷を渡り植林の急斜面を登ると視界が拓けブナ林が広がった。
視界が利いて気持ちが良い山である。
概ね緩い登りで途中数箇所プラトー状の場所があり石際氏が言っていたテレマーク向きという感じがよくわかる。
稜線の両サイドも程よい斜度でおいしそうな斜面が広がっていたが今回は手かせ足かせテレマーカーなので自重した。

途中吹雪くこともあったが概ね晴れ模様、粛々と進み11時過ぎに山頂到着。
ここでサプライズ!皆さんサンキュー♪
思いがけないプレゼントを皆で分け合って食べて飲んで幸せ気分いっぱい。
風向きが変わって身体が冷えたので久しぶりにジェットボイルで湯を沸かし一年前に賞味期限の切れてるドンベエリフィルを食らう。
中身はばらばら、粉々になっていたが味は結構でした。

腹も膨れたところでシールを剥がしさて行きますか。
このシール、テレマークを始めたときに買ったものだから15年以上経っている。
糊は一度塗り替えただけで3年以上放置してあったが劣化は皆無だった。
冷え切った身体も滑り始めると一気に火照るから現金なものだ。
のんびり楽しみながらビデオを撮ってゆっくりと滑り降りた。

本当は尾根の横っ腹を滑っては戻ってと色々楽しみたかったが余裕が無かった。
というのも久しぶりに履いたテレ板はトップ88mm、センター65mm、うろこでWキャンバー(メーカー曰く1.5らしいが)3ピンケーブルとひ弱で上りには滅法弱い。
ファットやスーパーファットが楽々直登するところを蟹歩きである。
先端が上がらないので腿から上げなければならない。
厳しいが登らねばなるまい!

辛かった昔を思い出すけどあの頃のように厳しいとは感じなかった。
勿論皆のラッセルのお陰である。
下りはいきなりのテレに戸惑ったが滑るごとにケケケ♪と笑いがこみ上げてくる。
変な楽しさ?Mと言えばいいのだろうね。きっと・・・
前後左右に危うげなバランスで滑る快感。
やはりテレはひ弱な道具立てに限る。
本格的な山岳ツアーでは出番は無いが春になったら軽い散策ツアーでもやってみよう。
同行くださった、まつさん、ミイラマンのおやじさん、やまお君、男優さん、miCさん、お疲れ様、どうもありがとうございました。
またいかんまいけ。
[PR]