猿ケ馬場山宮谷ルート1377mまで



歩き出しの標高514m、最高到達点標高1377m、単純標高差863mを一人ラッセルは、疲労こそさほど無かったが藪と先が見えないほどの降雪ではさすがにやる気がうせた。





青空とすっきりした真白い斜面が広がってるなら鼻歌でも歌いながらあと2時間は頑張れたかもしれないが、一般に言うところの、いわゆる根負け。
歩いても歩いても先が見えないラッセル。
山頂に着いても(着けなかったかもしれないが)景色も見えず湿度の高い雪が降ってれば気持ちも晴れない。
「今日は下見じゃないか。」と自分に言い聞かせ撤収しましたとさ。よわたれが・・・。

今日は出発時点からやけに暖かく、最初こそ下着に薄手のフリースを重ね、更にジャケットを羽織っていたが暑くて一枚、また一枚と脱いで、結局ほとんど下着一丁で通した。それでも寒さを感じないくらいだからマイナス5度も無かったのではと思う。
上部林道半ばまでは晴れていた。その後降り出した雪は水分を多く含んだボタン雪でジャケットがべたべた。
正直条件的には不快極まり無い状況だったが、スカッと滑り降りてしまえば今日も半日存分に遊んだなと十分納得。
ラッセルもたっぷりした。山本豆腐店で五ヶ山豆腐も買った。十分楽しんだ素晴らしい一日だったとおもう。
7時14分出発、12時19分下山、沿面距離9.6km
a0196565_2058838.jpg

[PR]