金剛堂山



一年ぶりの金剛堂山は藪パウダー天国





今日のメンバーは三人、micちゃんとは庄川道の駅で合流、M氏は現地集合。百瀬に到着しまずは春日で利賀豆腐を確保し集合場所へ向かう。7時ジャストM氏到着。
竜口谷の冬道は取り付きの雪が少ないため栃谷を目指す。7時半、スノーバレー利賀出発、百瀬川に架かる橋は雪で覆われ以前落ちたことを思い出し慎重に渡る。登山口で30cm程度か。
栃谷渡渉点から冬道も考えたがやや少な目の雪に夏道から登る。下部は雪に覆われ上りやすいが千メートル辺りに出てからはいつもどおりの藪漕ぎ。あと1mも降れば問題ないだろう。
徐々に雪は深さを増し2km地点で標識が埋まるほどだから1mほどか。ブナ原生林を過ぎ片折岳手前は酷い藪に往生させられる。11時半片折岳山頂到着。藪だらけで西面もクソも無く各自パンなどをほおばり行きますか。
トレースを辿って藪スキー。よく滑る雪で楽しい。途中からパウダー斜面に飛び込み久しぶりに冬道から滑り降りる。これが大正解。ブナの疎林のみが残り藪はすっかり姿を消していた。どんどん滑ってあっと言う間に栃谷渡渉点到着。夏道で降りたら大変だっただろう。林道を漕いで漕いで13時半スノーバレー到着。6時間のお手軽ツアーに大満足で解散。
結果から言えば冬道でアプローチが正解だった。
下山時の気温はマイナス4度、この調子なら明日明後日の降雪でほぼ藪は埋まるでしょう。
※電池切れのため残念ながら冬道に入ってからの動画・写真がありません。

出発時の様子
a0196565_2137284.jpg


林道をラッセル
a0196565_21372011.jpg


miCちゃん、ここでシールトラブル、対処法を知る良い機会でした。
転んだときの起き上がり方もね。
a0196565_21373715.jpg



a0196565_21383474.jpg

[PR]