十三夜のお月見

a0196565_6291572.jpg

2010年10月16日白山平瀬道

西の空を見ると送電鉄塔の少し上空に赤く丸い月がかすみをまとって浮かんでいた。肌寒い今朝は十月末から11月初旬の気温とか。ラジオから流れてくる様々な話題やニュースに耳を傾けながら久しぶりにハイピッチで、しかし息が切れない程度に正しい姿勢を意識して歩く。
今夜は十五夜だそうだ。月見と言えば一昨日ニアママの母親の葬儀に出掛ける際にS院長とめだかママを迎えに行ったところお向かいのフランケンのおやっさんがお月見の準備をしていた。9月は十五夜を眺めるが十月は旧暦の神無月に当たり十月十三日頃(旧暦9月13日の満月) 十三夜のお月見をするという。日本固有のお月見で、昔は十五夜だけで、十三夜のお月見をしないと「片月見」といわれたそうだ。一つ勉強になった。
MAX129、AVE115、1:01:48、560kcal

晩飯は久しぶりにたきちゃんと秋吉、ラ・ジュール、ピッコラ・ターボラと梯子。改装補助金の相談だったがなんと彼も白銀町で物件の取得を考えていると言う。二人でやろうじゃないかと大いに盛り上がった。予想通り階段の付け替えが高く付きそうだが仕方ないか。
[PR]