二上山周遊ハイキング

a0196565_18184842.jpg


金曜の夜のこと、飯を食いながら、かみさんに軽い山でも歩きに行かないかと誘った。人形山でと言ったが好きじゃないという。じゃ、金剛堂山というところで合意したが朝起きてみると気分が乗らないと言うので無理して行く事も無いし今更一人で行く気も無い。二上山なら散歩がてら行きたいというので、せっかくだしコッヘルやコーヒーなど道具一式担いで雨晴海岸でラーメンを食おうってことで出発と相成った。

9時、食事やコッヘル、水、お茶、おやつの入った結構重くなったザックを担いで出発。金木犀の香る町中から千保川、小矢部川沿いを下ると沢山の水鳥が羽根を休めていた。二上山麓の射水神社に着く頃には気温が上がって暑い。神社横手から山頂へ向かう遊歩道を上がると息が切れ汗が噴出す。

10時20分、我慢して休まず山頂へ着くと風が心地よい。ぶどうやサンドイッチを食べて休憩。山頂を下り万葉ラインを少し歩き林道から毘沙門天堂へ向かう。立派な毘沙門天を前に二人でお経を上げる。
ツリフネソウの咲き乱れる林道を氷見へ降りて再び高岡市域へ戻り国泰寺を見学してから林道白山線で高岡へ向かう。途中の木陰でカップめんの昼食頂く。日が傾いて涼しくなった林道をのんびり歩いて伏木を望むアーチェリー場まで戻ったところでかみさん一杯一杯。帰りは路面電車で帰ると言ったがコンビニでアイスキャンデーを買ってやったら元気になって残り7kmを歩き切った。

16時7分自宅到着



金木犀が香る街中から千保川、小矢部川と川沿いを下ると水面には水鳥が賑やかなこと
雌を奪い合う雄の喧嘩
a0196565_18562156.jpg

角刈りの鳥が居たのでズームするとカンムリカイツブリだった
a0196565_1857432.jpg

二上山麓の射水神社本殿
川沿いは涼しいが山は暑いこと、ラジオが夏日を告げる
a0196565_18572010.jpg

本殿横から杉林の階段を上り遊歩道へ向かう
a0196565_18581357.jpg

山頂にはおじいさんが一人、ぶどうとサンドイッチで休憩
a0196565_1914660.jpg

毘沙門天堂へ
a0196565_1922728.jpg

石段の両脇は大きなドウダン、紅葉すると見事だろう
a0196565_1931621.jpg

小さなお堂
a0196565_1934377.jpg

毘沙門天回向というお経が置いてあるのでかみさんと二人で上げた。
きっと同じことを考えていたことでしょう。
a0196565_1942183.jpg

a0196565_1943481.jpg

素晴らしく美しい毘沙門天像
a0196565_1945377.jpg

この辺りの林道脇はツリフネソウが群生し満開。
ついでにシシウドも満開。
a0196565_1951279.jpg

小竹へ降りて旧160号からパン屋へ寄って国泰寺へ。
a0196565_1961798.jpg

山門、ここは修行道場か。
a0196565_19636100.jpg

仁王門
a0196565_197491.jpg

a0196565_1972239.jpg

a0196565_1974169.jpg

帰りは白山線から再び山越え。
ここらでかみさんギブアップ気味だがまだ60%と言い張る。わし0%(笑)
a0196565_1982237.jpg

交尾後頭から雌に食われる雄。
悲しいがDNAです。
a0196565_199449.jpg

ようやく万葉ラインのアーチェリー場へ戻ってきた。
伏木の町が見えるとホッとするけどまだまだ先は長い。
a0196565_1994674.jpg


相当の距離を歩きかみさんくたくただったが良く頑張った。頑張れば頑張っただけ思い出も残るし所詮遊びの苦しさなんて生きる苦しみとは比べようがない。やり遂げて家に帰りシャワーのあとのビールで乾杯が最高だった。ガソリン使って時間掛けて遠くの山に行かなくてもローコストで遊ぶ方法があることを実感した一日だった。生き方、生活スタイルは段々シンプルになってゆくが、それはそれでいい。

距離:28.047km
標高差:±956m
所要時間:7時間7分31秒

a0196565_19152850.jpg

[PR]