北ノ俣岳の記録

a0196565_7275279.jpg


山スキーMLへアップした記録
にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

夕刻ラントレ3.5km、調子良い。



【日時】2011年2月26日(土)~27日(日)

【天候】土曜日=晴、日曜日=曇

【ルート】
2月26日:打保最終除雪地点…林道…センノ谷…(神岡新道)…センノ谷乗越100m東方稜線上…水ノ平…1820P飛越新道…寺地山…草地
2月27日:草地…北ノ俣岳…草地…寺地山…神岡新道分岐…水ノ平…稜線…センノ谷…林道…打保

【装備】板DYNAFIT-STORK、ビンディングTLT-VERTICAL、ブーツGARMONT-MASTERLIGHT、その他アイゼン、シュラフ、バーナーなど一式

【メンバー】O、F、N、N

【概要】
今年は雪も豊富で腰ラッセルや最上のスプレー雪も存分に堪能した。そろそろスピード登山も飽きてきた?ので、天候も良さそうな週末に黒部源流を眺めてこようと黒五山行を計画した。

打保の最終家屋は2年前から空き家となったらしい。除雪最終地点の林道取り付きから積雪十分。途中の小沢の横断部も完全に埋まっている。センノ谷の積雪量も多く沢の中心部を歩けた。途中から左岸へ上がるがクラストした斜面が厳しく乗越まで続く。

乗越からは北ノ俣岳が大きい。快晴に真っ白な山肌が映える。一旦水の平へ下降する。谷は完全に埋まり渡渉の心配はない。飛越新道まではクラストに10cmほどの新雪が積もりスリップして歩きにくい。飛越新道合流地点では新雪が20cmほどに達したがラッセルは問題なし。

遅れがちなN瀬氏を待ちながらだと遅くなるので若手に先行し水堀りするよう頼む。(結局最後は追いついてしまったが。)

メンバーの足並みが揃えば薬師岳もと考えていたがそうは問屋が卸さない。20年ぶりの山スキーという元山スキーガイドのN瀬氏が急遽参加となったのだが、ブランクが長いこともあって調子が上がらず草地で幕となる。

寺地のコルまでN瀬氏を誘導した後、先行した若手二人と合流、まずは水を確保。軽量装備で宴会の酒肴も控え目に20時半シュラフに潜り込む。
翌朝誰かに揺り起こされたと思ったら地震だった。目覚めてからも長く激しい揺れを感じた。ラジオでは震度4とのことだった。寝直す間も無いのでコーヒーを沸かしミニカステラを食べる。

二日目は満天の星空の下3時40分ヘッデンスタート。南風が強く気温も高い。一段目を上がる前に腹の調子が悪くなり50mほどルートから外れる。二段目で赤木岳稜線よりオレンジ色に輝く上弦の月が上がる。

雪面はシュカブラが波打ちクラストでシールが利きづらい。稜線基部2450m辺りでアイゼンに切り替える。スキーアイゼンで北側を上がる手も有るが、ブーツアイゼンとかぶるため今回は装備から外したのだ。

この時点で、調子の上がらないN瀬氏のスピードでは黒五は無理と判断。暴風に石つぶての混じる斜面をじりじり登る。南には笠ヶ岳、乗鞍岳、御岳が、北には鍬崎山、大日岳、剱岳、薬師岳が勢ぞろいし、富山市の街明かりがIC基盤のように輝いている。
6時稜線、昨日の雪に覆われ深い谷襞が一層黒い黒岳、真っ白な鷲羽岳、三俣、黒五も一面雪に覆われる。唯一槍が黒い穂先を天に突き立てる。

北ノ俣ピークに到着したところで鷲羽岳の北肩よりご来光。一瞬雲の間に閃光が走る。美しい。山肌がピンクに染まりなんとも言えぬ美しさ。しばし写真を撮ったり山々を眺め下山に取り掛かる。
氷化しシュカブラが波打つ稜線をドロップポイントまで滑り込む。草地への北側はしっかり雪が、というより氷が張り一見滑らかだが厳しい滑りを強いられる。エッジがガリガリ悲鳴を上げる。

徐々に高度を下げ、比較的雪の良い南側へ尾根を渡り大斜面に出るとシュカブラが激しくなる。凍っているので歯が立たない上にスピードが出る。中間部から下は氷も柔らかく比較的楽しめる雪となった。
草地でデポを回収し暖かいものを飲んで下山開始。春と違いアップダウンが多く北側はパウダーで難儀する。寺地山への登りは面倒なので板を担いでシートラ。神岡新道分岐までもアップダウンは多くN瀬氏相当参ったようだ。

分岐からは腐ったモナカ雪に苦しめられるが、中間部から粗目となり快適に水の平へ滑り込む。長目の休憩を取りシールでセンノ谷乗越まで登り最後の谷滑りを楽しんで、林道を一気に打保まで滑り降りた。

全体的に腐れ雪が多かったが積雪量は十分でした。
水は3m下まで穴を掘って掘り出しましたが今回の雪で埋まっているかもしれませんので落ちないよう注意してください。穴は小屋正面に向かい左斜め手前ほぼ45度に在ります。

【ルートタイム】
2月26日
0640 打保発、林道歩き
0800 神岡新道、谷の渡渉問題なし
0950 センノ谷乗越、大休憩
1140 飛越新道合流
1350 寺地山
1510 草地着

2月27日
0340 草地発
0530 2450m
0600 稜線
0620 北ノ俣岳ピーク
0730 草地、大休憩
1000 寺地山
1200 神岡新道分岐
1300 水の平、大休憩
1400 林道
1500 打保
[PR]