まだまだパウダー金剛堂山



出発時の気温マイナス8度・・・
にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ



稜線にひときわ明るく大きな橙色の満月が浮かぶ山道を
利賀へ向けてひた走る
道は凍結しつるっつる
時折カーブで尻を振ると
ひやりとしてカウンターを当てる
FRならガンガン飛ばすのだが
デリカじゃ面白くない

途中道の駅でテイクアダンプ
竜口谷の駐車場はマイナス8度
素手では感覚が無くなるほどの寒さの中
準備を整え7時8分スタート

本日は靴ラッセル所により脛
この程度なら夏道まで30分ちょいで登れてしまう
疲れも無く片折岳まで登ってしまう
立ち休みでカレーパンをコーラで流し込む
気温は低いが動いている限りはなんともない

コルでスノーバレーのオープンタイム
静かなままで音楽が流れない
ラッキー♪

9時58分山頂到着
風も無く気温も低く
すこぶる快適だった

雪が腐る前にシールを取り
さっさと下山しましょ
途中スノーシュー単独2名、ski単独1名、ski4名グループと挨拶
ヨカ雪をきゅきゅっと滑って1時間足らず
10時55分下山完了
春日屋で豆腐とえごまとなんば味噌を土産に買って
家に帰っても13時
へんまからビールと
脇だんの焼酎水割り飲んで今日もええ気分です

実は前段があって・・・
前夜まで猿ヶ山に行くつもりで地図も焼いた
しかし朝になって
あのなんとも時化た寂しい集落から歩くのが嫌になった
車を走らせながら猿ケ馬場へ行こうかと思ったが
8号に向かわず156を走った時点で
今日はこの山だと確信した
予感は正解でした

息子らが猿ケ馬場に入っていたし
猿ヶ山には多数のパーティーが入っていたようだ
やっぱり自分は静かな山が良い
少人数が良い
贅沢なのかな
[PR]