「ほっ」と。キャンペーン

TLT RADICAL



TLT ちょっとしたハウツー・・・
にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ




登りではフルロック(当たり前)
 一段でも落とせば急斜面で外れる

滑走時は前ロックレバーをフルロック
 フロントロックが弱いため不用意なリリースを避ける

ヒール金具の回転方向は強め、上方向へは弱めに調整
 歩行時に着雪によりヒールブロックが回転しロックされることを避けるため
 また、前方向への転倒時の怪我が一番酷いので上方向(前方向)への締め込みは緩めに


板とブーツの間にプレートなど装着しないこと 
 着雪し面倒、ブーツが板より浮いている不安があるが強度には問題なし
 またプレートを装着すればせっかくの軽量アドバンテージが無意味となる


ヒールクリアランスはゲージより広く 
 ゲージ通りだと板がたわむとヒールが干渉する
 多少広めにしても強度、誤開放などの問題は無い


ブーツのヒールパーツの止めネジが緩むのでチェックを怠らないこと 
 当然ながら履く前、滑走前、帰ってからのチェックは確実に
 ドライバー一本で締められるので常時携帯すること



基本的な考え方として
山岳スキーでは誤開放を起こすより外れない方が安全との考え方である
備えとしては怪我の多い前転転倒に対処するため
ヒールの上方向へのロックを弱めに設定し
また歩行時の着雪による誤回転ロックを防止するため回転しないよう強めに設定している
これはヒールブロックが回転して骨折など怪我を防ぐ確立は微々たるものと考えるためである

ヒールの上方向へのロックを弱めに設定することでポールを使った簡易な着脱方法があるが
慣れとタイミングを誤ると破損する恐れがあるのでやらないほうが懸命だろう

個人的にはレバーの硬いTLTスピードよりバーチカルが良い(女性の場合ロックできない場合もある)
またTLTスピードはスライド調整量が少ないためブーツによっては
調整幅内に収まらずビンディングの取り付けを変更しなければらない事態も発生するので
あまり薦められない

DYNAFIT-TLTは軽量性と壊れにくい構造・材質が相まって
非常に信頼性の高い製品となっているが
その使い方や調整を誤ってはせっかくのアドバンテージが無駄になってしまいます
上記は自分なりに多くの山行で培ったノウハウであり
同様のセッティングでトラブルが発生しても
自己責任でお願いします
また意見、情報などあればよろしくお願いします

[PR]
by arzarez | 2011-02-14 16:49 | 山道具